クレジットカード のステータス
海外居住者>ステータスカード

ステータスカード ステータスの高いクレジットカード

 特に海外ではクレジットカードはその人の信用度、つまりステータスを表すとされています。ステータスの高いクレジットカードを持っていれば、VIPだと思われて、ホテルやレストランなどでも待遇が良くなることは大いにあり得ます。

ステータスカードの種類

 一言でステータスが高いクレジットカード、略してステータスカードと言っても、申し込んで審査に通れば持つことができるカードと、クレジットカード会社の側から「あなたは信用度が高いので、ステータスをアップしませんか」という招待がないと持てないカードがあります。

 もちろん後者の方がよりステータスが高いわけですが、一般人には最初からそうした超ハイステータスのクレジットカードを持てる手段はありません。こうした超ハイステータスのカードは、一般的にはプラチナ以上のクレジットカード、ダイナースのブラックカード、アメリカン・エクスプレスのセンチュリオンなどがあります。ダイナースやアメックスの最上位のカードともなると、年会費だけで10万円くらいしますから、持つにもそれなりの覚悟がいる…と言うか、覚悟がいる人にはオファーは来ませんね。きっと。

 「一般人には」と書いたのには理由があり、実際には世間で「ゴールドカードを持ってからひたすら招待を待たないといけない」と言われているハイステータスのクレジットカードでも、社会的地位が高い人や、お金持ちには、最初から「持ちませんか?」というオファーが来ることもあるからです。

 そのようなごく一部の人は除き、普通はゴールドカードなどの「ちょっとステータスが高いクレジットカード」から始めて、クレジット・ヒストリー(使用履歴)を積み重ね、ハイステータスのクレジットカードのオファーが来るのを待つことになります。

申し込みができるステータスカード

 ちょっと前まではゴールドカードでもステータスがありましたが、昨今ゴールドレベルではありふれていて、ステータスにはなりません。私は個人的にプライオリティ・パスのメンバーシップが欲しくて楽天プレミアムカードを持っています。でも、楽天プレミアムカードでは、使う時にむしろ「ポイント貯めているのね」と思われそうで、ステータスシンボルにはちっともなりません。

 申し込みができるステータスカードだと、実は私も楽天プレミアムと比べて迷ったのですが、【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが筆頭でしょう。「セゾン」が付かない本家のアメックス・プラチナカードは、ゴールドを持っている人への招待制ですが、「セゾン」が付くと、審査は厳しいものの、申込制になっています。まあ、本当は一部の人なら、「セゾン」が付かないプラチナカードも申込できるのですが、その辺の代理店では取り扱っていませんし、WEBでの申し込みもできません。

 これと比較できる、申し込みができるクレジットカードと言うと、やはりダイナースクラブカードになると思います。ダイナースクラブカード ビジネス・アカウントカードもありますが、ビジネスオーナー向けです。