長期海外旅行保険
海外居住者>海外旅行保険

海外旅行保険

 海外旅行保険は、短期間の旅行用の保険、長期間の仕事での滞在者向けの駐在員保険、そして留学生向けの海外留学生保険などがあります。

 短期間の海外旅行保険は、空港などで簡単に加入ができ、私も必要な場合には日本を出る直前に空港で手続きをします。その場合には、不要な補償ははずして掛け金を安くします。

 最近では、楽天カードを始め、クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているものも数多く、私自身プライベートな旅行や、数日間程度の非常に短い出張などでは、特別に海外旅行保険をかけることなく、クレジットカードだけ持って出かけるようにしています。

 年会費無料で2000万円までの保険金が支払われるカードもありますし、それで不足する人は、年会費を払うカードであればさらに高額の保障がうけられます。海外旅行保険が便利なクレジットカードはこちら。

長期(6ヶ月まで)海外旅行用の保険

 さて、普通の旅行であれば、空港でぱっとかけられる海外旅行保険や、クレジットカードに付帯する海外旅行保険でカバーできるのですが、長い滞在となるとそうは行きません。

 一般的に空港でかけられる保険やクレジットカードに付帯する保険は、最大90日間しか保険をかけることができません。では、1年間長期の出張をする人や語学留学をする人はどうしたら良いの?インターネットで扱われている海外旅行保険も、一般的には90日間が限度です。

 インターネット上で契約できる海外旅行保険もあり、クレジットカード決済であっという間に契約終了で便利ですが、調べた限りでは富士火災海上保険の海外旅行保険で、最大6ヶ月でした。