オフショアでの資産運用

シロウトのためのオフショア金融機関

海外居住者オフショア金融機関>オフショア生命保険

オフショアの生命保険

オフショア生命保険とは何か

 日本国内に各種の金融商品があるように、オフショアにもいろいろな金融サービスがあります。その代表的な一つが生命保険です。日本でも生命保険の中には保険そのものよりも、運用利益を狙うものがありますが、オフショアではいっそうその傾向が強いようです。つまり金融商品(債権投資・ファンドなど)にわずかばかりの保険金がついてくる、というものが大半のようです。

 筆者は「面白そうだなあ、やってみようかなあ」と思ったものの、生命保険には受取人がいる、というのに申込書を見て始めて気づき、困ってしまいました。筆者は当時独身の一人暮らしだったのでした。

日本から海外の保険に入れるか

 確かにオフショアをはじめとする海外には日本の商品よりも有利な生命保険がありますし、しかし残念ながらそうしたものを日本で販売したり、加入したりするのは違法になります。しかし海外には日本人向けに日本語で生命保険を売っている業者もあります。この場合は日本の国内法には引っかかりませんから、売ること自体は合法です。しかし海外で加入して帰って来たら?この場合は「違法状態」になって「できるだけ早く解消すべき」なのだそうです。さらに厳密に言うならば、確か大蔵大臣の許可を得ずに海外の生命保険に加入を行うのが違法であって、許可さえ得れば合法的に海外の保険に加入することが可能です。ではどうやって許可を得るか?うーん、多分前例は一つもないでしょうね。なお違法に加入すると罰則もあるのですが、その適用例もどうやら前例は無いようです。

 また海外の生命保険、と言っても、例えばイギリス在住者はイギリス周辺のオフショアの商品には加入できない、という制限も存在します。自国の在住者には販売できないというものも多いですし、オフショアに対して厳しい国、典型的なものがアメリカですが、そうしたところではやはり海外と言えども商品の選択には制限があります。こうした金融商品は、生命保険に限らず、一つ一つ調べてみないと、実際に加入できるかどうかはわかりません。

オフショア生命保険会社

 生命保険会社もオフショアには数々あるようですが、ホームページを持っている所はあまり見つけられません。こうした状況も数年の内には変わるのでしょうけど。見つけたものはここに何らかの形で紹介したいのですが、商品だけでもものすごい多岐にわたりますから、興味を持った会社に直接コンタクトして、ご自分で調べてください。

 またどうやら、生命保険に限ったことではないようですが、ファイナンシャル・コンサルタントを通して取引を行うことが多いようです。確かに膨大な商品の数、また各商品の投資先を自分で決めるシステムなど、素人では手が出しにくい部分がありますから。

Copyright© 2005-2010 海外居住者の便利帖. All rights reserved.